ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

■頭脳生活ライブラリ

■新着記事

  1. 【定期預金】強いのはどこか
  2. ショッピング&オークション
  3. ホームページ作成支援
  4. スルガ銀行ANA支店
  5. 新生銀行
  6. amazon
  7. 楽天市場
  8. ジャパンネット銀行
  9. イーバンク銀行
  10. 喜ばれる贈り物

格安航空券検索

往路搭乗日
時刻
出発地
到着地
復路搭乗日
時刻
出発地
到着地
ホームトピックス>見逃しやすい児童の歯牙亜脱臼

見逃しやすい児童の歯牙亜脱臼

認識の甘さが適切な処置を遅らすことも

走り回る子供同士の顔面衝突あるいは接触や単独での転倒で口唇にケガを負う事故は意外に多い。出血が伴いやすいことから一見して大きなケガのように見えてしまうことがあるが、口唇そのものは止血も早くそれほど心配はいらない。ところが、歯牙を打撲していることに気付かないことが多く、適切な処置が遅れて完全脱臼に至ることがある。

2〜3歳になればある程度走ることを覚えてきます。不安定な格好で走るので、転倒したり他の子供と衝突する事故もこの時期に急増します。また、保育園や児童館など、子供がたくさん集まる場所では単独で転倒するよりも他の子供と偶然に衝突したり、ケンカで押し倒されて打撲することが多くなります。特に保育園など保育施設に勤務する方は、普段から口唇の創傷事故について歯牙の亜脱臼や完全脱臼などの可能性もあることを認識しておかなければなりません。

事故直後に本人が痛みを訴えない場合は把握が難しく発見が遅れることがよくあります。麺類や果物など、噛み切る動作が伴う食事では痛みによって泣き出すことがありますが、殆どの場合は傷口に食べ物が直接触ったか汁物の刺激が原因だと勘違いし、親御さんが本当の原因に気づくのは歯を磨いてあげるときであったり、あるいは十数日経過して歯の色が灰色に変色(神経壊死状態)し始めた頃であることも珍しくありません。

歯牙亜脱臼とは
 実際には脱臼と同じような状態にありながら一部がつながったままで外見上からは脱臼と分かりにくい状態を亜脱臼といい、打撲などでいつ抜け落ちてもおかしくない歯牙の状態を歯牙亜脱臼といいます。完全に抜けてしまうことを完全脱臼ということから、亜脱臼を不完全脱臼ともいいます。

処置上の留意点

転倒や他の子供との衝突で口唇を創傷している場合は、まず止血処置を行い、同時に歯牙の状態も観察する必要があります。特に下側の口唇を酷く創傷している場合は前歯を強く打撲していることがあり、歯牙の位置や向き、高さなどを注意深く観察し、ぐらついている様子がないかも確認しておく方がよいでしょう。

口唇の創傷については適切な処置が施されている限り心配する必要はないのですが、歯牙の位置がわずかに動いていたり、向きが曲がっていたり、少し沈んでいたりする場合は神経や発育途中の永久歯を痛めている可能性があります。症状によっては乳歯と永久歯の交換期まで治療が必要であったり経過観察を行わなければなりませんから、できるだけ早く歯科医へ受診させることが大切です。

特に下側の口唇が創傷しているときは上顎側の歯牙が打撲の衝撃で根元に押し込まれていたり内側に曲がっていることがあります。整形外科では下側の口唇の縫合や消毒を行っても、一般には上顎側の歯牙の異常には気づかないことが多く、そのまま見過ごされてしまうことが少なくありません。できれば、食べ物や飲み物を口にするときに痛みを訴えたり泣き出したりしないか注意深く観察しましょう。

完全脱臼(抜け落ち)に対する処置

摩擦や乾燥で歯根膜細胞を傷めてしまうと再植することが難しくなるので、歯牙を持つときは歯根膜細胞のある歯根を指で直接触らないように注意し、歯冠の部分をつまむようにします。汚れが付着している場合は水道の水で軽く洗い流した後、冷たい牛乳に浸すことで良い状態のまま保存することができます。再植は可能な限り早い方が良いので、応急処置が終わったら直ぐに歯科医で治療を受けます。抜けた歯が口の中にある場合は、口に入ったままの状態で受診します。乳歯の場合は再植が難しいといわれますが、永久歯の場合は再植の成功率が高くなりますので、この方法を覚えておくとよいでしょう。

歯根膜細胞
 歯根膜細胞は浸透圧の異なる環境にさらされていると細胞が変質したり壊死します。牛乳は空気や水に比べて歯根膜細胞との浸透圧の差が小さく、細胞の状態を安定させることができます。