ZOZOTOWN(ゾゾタウン)

■頭脳生活ライブラリ

■新着記事

  1. 【定期預金】強いのはどこか
  2. ショッピング&オークション
  3. ホームページ作成支援
  4. スルガ銀行ANA支店
  5. 新生銀行
  6. amazon
  7. 楽天市場
  8. ジャパンネット銀行
  9. イーバンク銀行
  10. 喜ばれる贈り物

格安航空券検索

往路搭乗日
時刻
出発地
到着地
復路搭乗日
時刻
出発地
到着地
ホームトピックス>0歳児に蜂蜜を与えてはいけない理由

0歳児に蜂蜜を与えてはいけない理由

蜂蜜容器のラベルに見かける意味深な注意文の真相
 蜂蜜の容器やラベルをみると「一歳未満の乳児には与えないでください」という主旨の注意書きがある。これは、「乳児ボツリヌス症」という中毒症に関する注意喚起だが、その説明はどこにもない。乳児ボツリヌス症とは、ボツリヌス菌の毒素あるいはボツリヌス菌の芽胞が引き起こす中毒症状で、重症の場合は死亡するケースもあるといわれる。

ボツリヌス菌混入説

ボツリヌス菌の芽胞は蜂蜜などにも入っていることがあるといわれ、摂食により体内に取り込まれた後、腸管内など酸素の殆どない環境下で発芽し、毒素を作りながら増殖します。健康な成人であれば蜂蜜から摂食した程度で中毒症状を引き起こすことはないようですが、乳児の場合は中枢神経が麻痺したり、筋肉弛緩の症状で手足が動かなかったり、呼吸困難などに陥り死亡することがあるといわれています。

それだけ聞くといかにも恐ろしいボツリヌス菌ですが、実は私たちの身近な場所に多く存在する菌なのです。湖畔、沼地、川などの土壌のいたるところに多く分布していますが、酸素(空気)を嫌う、いわゆる嫌気性菌であるため、真空パックなど密封された場所を特に好む性質があります。水分がなければ不活性なため、糖分だけの蜂蜜中では増殖したり毒素を生産することはありませんが、缶詰やビン詰などの酸素の少ない食品の中ではむしろよく繁殖し、増殖する過程でボツリヌス毒素を大量に作り出します。特にボツリヌス芽胞は熱に強い特殊な構造をしていて、100度で煮沸しても死滅することがありません。

ボツリヌス中毒

経口摂取により体内に入り込んだボツリヌス芽胞は腸管内で発芽し、増殖しながら毒素を生産するため、ボツリヌス菌に汚染された食品を摂取した場合と同様に感染からおよそ8〜36時間程で身体がだるくなったり、吐き気や嘔吐といった症状を引き起こします。そのまま放置しておくと視力異常(複視)や言語障害などの神経症状が現れ、歩行困難や呼吸困難に至って死亡することがあります。

ボツリヌス毒素は筋肉を麻痺させてしまうため、中毒を起こすと運動機能のほぼ全てを奪われます。まぶたが下がったり、言葉がしゃべれなくなったり、手足の力が抜けるという症状はこのために起こります。呼吸のための横隔膜の運動も抑制されてしまうため、やがては呼吸困難となります。

ボツリヌス毒素
 極めて微量であれば筋肉弛緩作用として、眼瞼(がんけん)や顔面の痙攣(けいれん)、あるいは部分的な筋肉の硬直を和らげるボツリヌス療法として医療分野に応用されていますが、わずか数十グラムあれば日本の全人口が滅ぶとも言われるくらいの殺傷力があり、生物兵器へ利用されることなどが懸念される恐ろしい毒素でもあります。