■頭脳生活ライブラリ

■新着記事

  1. 【定期預金】強いのはどこか
  2. ショッピング&オークション
  3. ホームページ作成支援
  4. スルガ銀行ANA支店
  5. 新生銀行
  6. amazon
  7. 楽天市場
  8. ジャパンネット銀行
  9. イーバンク銀行
  10. 喜ばれる贈り物
ホームライブラリ危機管理・損害賠償>過失責任と無過失責任

過失責任と無過失責任

責任の発生は根拠によって過失責任と無過失責任があるそうですが、どんな違いがあるのでしょうか。

乱暴に言ってしまえば、過失があったことによって生じる責任を過失責任といい、過失がなくても生じる責任を無過失責任といっていいでしょう。

一般的不法行為による損害賠償責任を規定した民法709条を見ると「故意又は過失によって他人の権利を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」となっています。

これによれば、過失があれば損害を賠償する責任(義務)を負い、過失がなければ責任(義務)を負わないということになります。当然ながら、「損害が発生したこと」が、すなわち「過失あり」ではありません。

このように、過失があって初めて責任が発生するような形態を「過失責任主義」というのですが、過失が無くても責任を負う「無過失責任主義」はどのように理解すればいいのでしょう。

先ほど、「過失が無くても生じる責任」と説明しましたが、実は過失の存否を問題にしているのではなくて、過失を誰が立証すべきかが問題となります。

本来、何らかの責任を問うには被害者が「加害者に過失があった」ことを立証しなくてはなりません。これは民法上の基本的な約束事になっていて、一般に「挙証責任」といわれます。この挙証責任が被害者から加害者へ転嫁された状態が「無過失責任主義」だということになります。

厳密には「過失が無くても」ではなく、加害者が「自己に過失はなかった」ことを立証しなくてはならないことをいうのですが、「なかったこと」を立証することは容易ではありません。

「ない」ことを証明するのは大変難しく、俗に悪魔の証明などともいわれたりします。過失がなかったことを証明するのは事実上困難なのだから、結果的に「過失がなくても責任を負うのと同義」というわけですね。

実際の交渉場面で気をつけなければならないのは、この過失責任主義と無過失責任主義が同時に存在し得るときの対応でしょう。

たとえば、人身に関する損害が自賠責保険の限度額を超えてしまい、自動車保険の範囲にバトンタッチされたときなどが要注意です。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は自賠法(自動車損害賠償保障法)という法律によって運営されている対人賠償責任保険で、一般に強制保険といわれています。この自賠責保険が先に説明した無過失責任主義に属し、加害者に過失があったことを被害者が立証する必要がありません。この自賠責保険の限度額を超えるということは、すなわち挙証責任の転嫁がその限度額を境に元に戻ってしまうことを意味します。

そもそも初めから裁判で争うなら挙証責任の転嫁とは無縁なのですが、保険会社の力を借りたり当事者同士で示談交渉をするなら、この挙証責任を正しく理解しておく必要があります。

コメントを投稿

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。