■頭脳生活ライブラリ

■新着記事

  1. 【定期預金】強いのはどこか
  2. ショッピング&オークション
  3. ホームページ作成支援
  4. スルガ銀行ANA支店
  5. 新生銀行
  6. amazon
  7. 楽天市場
  8. ジャパンネット銀行
  9. イーバンク銀行
  10. 喜ばれる贈り物

自動車保険とは

賠償責任を担保する保険

自動車保険は、自動車の所有・使用・管理に起因する事故によって被保険者が法律上の賠償責任を負担することで被る損害を填補(補償)します。読んで字のごとく、自動車保険は被保険者の賠償資力に代わる責任保険であって、相手被害者の救済を目的とした賠償保険ではありません。

これが責任保険の姿

「被保険者が法律上の賠償責任を負担することによって被る損害を填補(補償)する」とは、つまり責任を負う側の人が受けた損害(賠償金を支払わなければならないという法律上の責任)に対して保険金が支払われる、ということです。これは、「保険金を受け取ることができるのは事故を起こした運転者である」という意味に他なりません。

ちょっと耳を疑う(目を疑う?)人がいるかもしれませんが、自動車保険の真の姿は「加害者救済のためにある」といっても過言ではありません。もし、自賠責保険のように被害者を救済するためのものであれば「責任保険」ではなく、あえて表現するなら「賠償保険」とでもなるでしょうか。

事故で他人(被害者)に損害を与えた

法律上の損害賠償責任

被害者へ賠償(金銭の支払)をしなければならないという加害者の経済的損害

自動車保険は契約に基づいて被保険者(加害者)の損害を補償する(保険金を支払う)

しかし、「実際は保険会社が被害者に直接支払っているじゃないか」と疑問を抱く人もいることでしょう。確かに、表向きはそのような流れになっている部分もありますが、あくまでも自動車保険は責任保険の性質上「被保険者」へ支払うことを原則としていて、仮に保険会社が被害者へ直接支払うことがあっても、単に保険金請求者からの「支払指図」があったものとして処理しているに過ぎないと解釈すべきです。

実際は、強制保険である自賠責保険との兼ね合いもあり、保険会社が代理して自賠責保険の支払処理まで一括処理するケースが一般的になっていることからも、保険会社が被害者からの直接請求に応じる当事者性を持って示談交渉まで行えるようになっています。

あくまで自賠責保険の上乗せ

もうひとつ注意しなければならないのは、あくまでも自賠責保険の上乗せ契約であるということです。自賠責保険が切れている自動車で事故を起こした場合、本来あるはずの自賠責保険の保険金額相当は自動車保険の方からは支払われません。

仮に、傷害事故であれば自賠責保険で120万円まで面倒を見てもらえる計算になりますから、たとえ自賠責保険が切れていたとしても自動車保険の方から支払われるのは自賠責保険の満額120万円を超過した分から、ということになるわけです。

自分でクルマを所有していない場合

自ら所有する車がなく、専ら借用して運転する場合は自動車保険とは別に「ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)」というものが用意されています。

コメントを投稿

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのサイト管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。